HOUSE SHOP OTHER PROJECT All << WORKS LIST
穂積の住宅の写真1 穂積の住宅の写真2 穂積の住宅の写真3 穂積の住宅の写真4 穂積の住宅の写真5 穂積の住宅の写真6 穂積の住宅の写真7 穂積の住宅の写真8 穂積の住宅の写真9 穂積の住宅の写真10 穂積の住宅の写真11 穂積の住宅の写真12 穂積の住宅の写真13 穂積の住宅の写真14 穂積の住宅の写真15 穂積の住宅の写真16 穂積の住宅の写真17 穂積の住宅の写真18 穂積の住宅の写真19 穂積の住宅の写真20 穂積の住宅の写真21 穂積の住宅の写真22 穂積の住宅の写真23 穂積の住宅の平面図

穂積の住宅

所在地:岐阜県穂積市

構造規模:鉄筋コンクリート造+木造、平屋

延床面積:179m2

構造設計:中野建築構造設計 中野稔久

施工:三栄建匠

竣工:2008年

写真:上田宏、(一部)多田ユウコ

掲載:新建築住宅特集 2010年7月号

   新建築創刊85周年記念 住宅10年

   住まいの設計2010年9/10月号

   建設ジャーナル2010年4月号

   Costruire 2010年9月号

備考:宇野享と協働

郊外の田んぼ1反分の広い敷地に対して、安心感とコンパクトな生活動線が求められた。 外周はRCの壁で閉鎖的な表情だが、内部には3つの光庭があるため、明るさが広がり、風が抜ける。 部屋同士をつなぐ廊下や壁は少なく、光庭によって空間を分け、回遊性を生み出している。 光庭カーテンなどを開けているときは家全体に視線が広がり、奥行が生まれる。 カーテンを閉めれば、容易にプライバシーを保つこともできる。 内部のプランは都市のグリッドに対し、45度の角度を振ったグリッドで構成されている。 外周部に現れたギザギザが耐力壁を増やし、内部では方位感覚を惑わすことで感覚を研ぎ澄ませる。